1月・・・和菓子の歳時記

お正月・・・鏡餅:鏡餅を飾って新年を寿ぐ 鏡餅
お正月に鏡餅を飾る「しきたり」で、一家の平安と一年の厄払いを願います。
鏡は昔から神聖なものとされていたことから、古代の鏡を形どり、鏡餅と呼ぶようになりました。
お正月・・・年賀の和菓子:お年賀には伝統ある和菓子を!
年始まわりには、年賀の品を持って伺います。ほんのご挨拶がわりであることから、高価な品は避け、お正月の間に召し上がって頂ける和菓子もさわしいでしょう。
11日・・・鏡開き:鏡開きは、「おしるこ」「ぜんざい」などで! 善哉
お供えしていた鏡餅を下げ、「おしるこ」や「ぜんざい」にして頂きます。昔からの習わしでは、刃物を嫌って手や槌で鏡餅を割ります。
成人の日  
大人の仲間として認められることを、和菓子などでお祝いしましょう。

2月・・・和菓子の歳時記

3日(又は4日)・・・節分の日:福豆を歳の数だけ・・・ 節分
立春の前日にあたる節分の日には、「豆まき(鬼に豆をぶつける)によって邪気を追い払い、福(一年の無病息災)を招く」「この豆を年齢(数え年)の数だけ食べることで、身体が丈夫になり、風邪を引かない」という習わしがあります。
和菓子では、厄除け饅頭、豆形やお多福、鬼の面を意匠化したお菓子も人気があります。
食品では、大阪を中心とした風習として「恵方巻き」が有名です。恵方巻は、節分の夜にその年の恵方に向かって目を閉じて一言も喋らず、願い事を思い浮かべながら太巻きを丸かじり(丸かぶり)するのが習わしです。商売繁盛や無病息災を願って、七福神に因み、7種類の具を入れることで福を巻き込むとする習わしもあります。

3月・・・和菓子の歳時記

3日・・・ひな祭り:ひな祭りに草餅・桜餅を! 雛祭り
春にいち早く芽を出すよもぎを摘んで作る草餅は、平安時代から桃の節句に欠かせない和菓子です。薬草でもあるよもぎに、健やかに育って欲しいという祈りが込められています。
又、優雅な桜餅も春の香りがいっぱいです。四季の自然を食生活に取り入れた日本人の知恵、和菓子はその代表です。
春のお彼岸・・・春分の日を中日に前後3日ずつ:お彼岸は先祖を偲んで!
日差しが優しく草木が芽吹く頃です。お彼岸につきものの団子、おはぎ、お供餅、牡丹餅等を仏前に供えましょう。 おはぎ

こだわり


連絡先

  菓子工房 益民山月庵
〒571-0079
大阪府門真市野里町14-30
TEL(072)882-3656
営業時間 9:00~19:30