4月・・・和菓子の歳時記

お花見シーズン~日本人に最も際される花・・・桜 桜餅
奈良時代の貴族の行事が起源だと言われているお花見に、「桜餅」「花見団子」「桜大福」等の和菓子も添えて楽しみましょう。
桜の花が永く日本人に愛される理由として、その美しさや桜吹雪だけでなく、往々にして葉が出そろう前に花が咲きそろうことを「何もないところに花が咲く」と見なして、古来生命力の強さとしての信奉もあるようです。
7月上旬~8月15日・・・お中元に真心を託して
待ちに待った行楽シーズンです。家族や友人と一緒に野に山に出かけましょう。手づくりのお弁当に和菓子も添えて。甘いものはすぐにエネルギー源となり、疲れをいやしてくれます。

5月・・・和菓子の歳時記

5日・・・子供の日 柏餅
端午の節句は、柏餅・ちまきで祝います。
柏の木の古い葉は、新しい葉が育つまで枯れないので、柏餅は子孫繁栄の縁起菓子です。
又、ちまきの葉には、防腐と香りづけの効果があります。
第2日曜日・・・母の日 母の日
赤いカーネーションに、お母様の好きな和菓子も添えて感謝の気持ちを形に!

6月・・・和菓子の歳時記

16日・・・和菓子の日(嘉祥の日)
古来から6月16日に<嘉祥菓子>を賞味すると、「健康・幸福を招き、災いを祓う」と言われています。
第3日曜日・・・父の日 父の日
父の日には、家族揃って心づくしの食卓を囲むことが、何よりのプレゼント。食後は香り高い緑茶と和菓子で楽しい会話を・・・。

こだわり


連絡先

  菓子工房 益民山月庵
〒571-0079
大阪府門真市野里町14-30
TEL(072)882-3656
営業時間 9:00~19:30